2017年4月13日木曜日

竹の自転車

今日は大阪で仕事をして、阿東の明日香さんに紹介してもらったGersonさんの工房に。
楽しすぎて時間を忘れた浦島太郎みたいになってしまいました(笑)
ジェルソンさんは、竹や木を使って、自転車を作っています。
ただ、それだけじゃなくて、工具や道具も廃材を利用したりして作っている。
ランニングマシーンのモーターを利用した、テーブルソーを今度は作るみたい。
そう、僕の理想の形がここにあったと言っても過言ではない!(>o<)
そして、この竹には漆を使って、装飾したり色付けしたりもしている!
しかも、独学で、いろんなところに見聞きしたりしながら、竹のフレームを試行錯誤したり、漆の使い方だったり。
座学でなく、実際に経験した蓄積を、言葉の端々から感じた。
貝殻をうまく使って、キレイな模様を描いたり。フレームのジオメトリの話や、箱形のフレームや、木材の使い方や、機材の作り方や。。
もう、すごい楽しかった!(o^∀^o)
ジェルソンさんの言った言葉で、印象に残っているのは、『もうひとつ上を目指すこと。』
自転車を作っているけど、飛行機を目指すくらいで、自転車を作る、と。
ものを作っている人なら、こういう感覚はすんなり理解できるのでは。
僕も、灯台もと暗しで、船の作り方を参考にしたら良いよ、とアドバイスをもらった。
書ききれないくらいの気づきがある。
そこはうちに秘めつつ、また、この場所に来ようと思った!
縁を繋いでいただいた方々に感謝!
ジェルソンさんも、自然大好きみたいだから、平戸にも遊びに来てほしい
僕も、自分の道を突き進んでいこう!\(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿

竹の自転車